おすすめ

【ミニマリスト】片付けられない私を圧倒的に変えた本5選【断捨離方法】

しゃなりぉ!(・ω・)/
ミニマリストに憧れる南 咲希(@syanario)です。

 

突然ですがみなさんは、片付けても片付けても部屋が散らかってしまう…という経験はありませんか?

わたしの部屋はなぜだかいつもモノが散らかっていて、 気合を入れて片付けても一時的にキレイになっただけで、結局すぐ元の状態に戻ってしまうと悩んでいました。

そこで、断捨離やミニマリスト・掃除関係の本を読んで、片付けられない女だったわたしが圧倒的に変われた本をご紹介します。

斎藤一人流 すべてうまくいくそうじ力/舛岡はなゑ

そうじに悩んだらまずこの本を読んでほしい!

斎藤一人さんは納税額日本一の実業家ですが、とても明るく親しみやすい方です。

 

モノが捨てられずに悩んでいたわたしにとって、これほどまでに捨てたい意欲を掻き立てる本はありませんでした。「なるほど!」という納得感がすごい。

そうじが苦手でも、どんな無精な人でも100%いますぐ片付けたくなる強烈な内容。

 

目次をざっと眺めるだけでも、そうじがしたくてウズウズしてきます。

とっても読みやすい!
オススメです。

必要十分生活/たっく

生きていく上で必要なモノについての考え方を徹底的に紹介してくれています。

 

リュックひとつですべてのモノと移動するスタイルには驚きの連続。

自分の生活で必要なものについて考えさせられます。

 

わたしをタオル・バスタオルを一切使わない生活に導いたのはこの本です。

洗濯物が減ったこと、乾きにくい悩みから解放されたことでかなり助かっています。

 

少ないモノで気分爽快に暮らすコツが満載で、絶対に必要だと思い込んでいたモノを減らせたのはこの本のおかげ。
日常が快適になりました。

この本は、片付ける・捨てるの先にある「必要最小限」を考える手助けをしてくれます。

ぼくたちに、もうモノは必要ない。/佐々木典士

 わたしが大好きなミニマリスト思考の原点といえる1冊。

 

佐々木さんのお部屋ビフォーアフターが変化しすぎていて、むしろ笑えました。

人はここまで変われるんだと勇気が湧きます。

 

捨てたいけれど捨てられない、という段階で読んでほしい。
この本を読んで手放せました。

いらないモノを捨てた先に何があるのかを実践して書き尽くしてくれています。

わたしのウチには、なんにもない。/ゆるりまい

立ち読みしていて衝撃が走ったコミックエッセイです。

わたしが最初に読んだのは2巻ですが、半分くらい読んでいてもたってもいられず1・2巻を買って帰り、夢中で読みました。

文字通り「なんにもない」モデルルームのようなお部屋に憧れて、わたしもモノを捨てまくって親に心配されました…笑

 

イラスト的に好き嫌いが分かれそうですが、重い内容を扱っていても読みやすく書かれているのは著者の力かな、と思います。

この作品が心底好きで、ドラマ化された全6話を10周ずつは見ました。

ゆるりさんの片付け欲に刺激されて捨てたくなります。

片付けられない女のためのこんどこそ!片づける技術/池田暁子

捨てられない、物が見つからない、床が見えない…。恋人どころか、親兄弟すら呼べないゴミ箱部屋に住む、片づけられない女が掃除に開眼。こんどこそ部屋は片づくのか!?読めば絶対にお部屋がきれいになるお片づけコミックエッセイ。

「片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術」より引用

 

汚すぎる部屋にうんざりした池田さんが奮闘する姿に共感しっぱなしでした。

右も左も分からず手探りで片付けを目論み、結局さらに散らかって収拾がつかなくなってしまった部屋を見て途方にくれたり…

 

かなりの汚部屋出身だからこそ書ける視点はとても参考になりました。

絵の雰囲気もかわいくて読みやすいので、文章で読むのが苦手な人はぜひ読んでほしい1冊です。

まとめ

いきなり片付けよう!と思っても、何から始めたらいいのかわからなくなりますよね。

片付けやミニマリストについてはかなりハマって実践してきたので、参考にした本をまた追加していこうと思います。

みなさんもぜひ読んでみてください!

 

この記事を読んで、少しでも役に立ててもらえたら嬉しいです!

読んでくれてありがとう。
しゃなりぉー!(・ω・)/

オピニオンブロガーしゃなり
instagram:(@syanario)